人気番組「がっちりマンデー」で紹介された高級コバルト美容師シザー

2019年4月28日 あさ7:30~

TBSの人気番組「がっちりマンデー」で、キクイシザースの定番商品コバルトが取り上げられました!

放送があった週はゴールデンウィーク期間で工房の作業自体はストップしているのですが
事務所に出ているとお休みにも関わらずたくさんのお電話やメールをいただきました!
全国放送すごい…

この記事では、がっちりマンデーで取り上げていただいたコバルトの美容師シザーの魅力について、改めて紹介します。

放送テーマは「儲かる元素」

美容師さんが「がっちり」儲かるシザーを目指して

さて、僕たちは小さな会社で、「コバルト」自体加工も難しく材料価格も高騰しています。
それでもコバルトという材料にこだわり、道具として良いものを手の届く価格で、というのが僕たちの想い。
そんなものづくりをしているので、本当に「がっちり」と言えるか分かりませんが…。

プロが使う仕事道具だからこそ、理容師・美容師の皆さまが「がっちり」儲けていただける道具を作りたい。
それは、長く使えて気持ちよく仕事ができる、いいシザーなのではないかと思います。
これからも、そんなシザーを届けていければ、という気持ちで日々ものづくりに向き合っています!
(…っと、取材のときにも話したんですがカットされました笑)

硬さだけが強さ、ではない。コバルトシザーの本当の魅力と耐久性

ナレーションの中で
「コバルトは金属の中ではやわらかい」
という表現があった点について、ご覧いただいた方からご質問をいただいていたので補足説明。

コバルト基合金は確かに、刃物用ステンレスと比べると硬度は低くなりますが、
焼き入れが出来ないにもかかわらず十分な硬さを持っている合金です。
もちろん髪を切るために必要な硬さと強さを持っていますし、だからこそ40年以上たくさんの方に愛用いただいてます。

硬さだけで比べるとステンレスに劣るコバルトですが、その欠点をカバーするのが耐摩耗性。
刃と刃が常に擦れ合うハサミの場合、硬さだけでなく磨耗しにくさも大切です。

合金の特性は本当に奥が深いです。
コバルト基合金も、Coだけでなくタングステンやクロムといった成分の配合率によって特性が変わってきます。
そのなかで、長く愛用できる、最高のシザーに相応しいベストバランスのコバルト基合金を厳選してものづくりをしています。

一般の方にも、美容師さん・理容師さんの道具に興味を持ってもらいたい

今回のがっちりマンデーはたくさんの魅力ある企業さまに混じってご紹介いただいたので、
限られたVTRの時間の中で全てを説明しきれるわけではありませんが…

一般の方が観る全国放送の人気番組で取り上げていただき、
「理容師さん美容師さんの道具に興味を持ってもらう」
という大きなきっかけになった!とうれしく思っています。

「コバルト基合金」については、別の記事でも詳しくまとめた記事を書いているので、
もしよろしければ合わせてご一読ください。

おまけ:スタジオ収録見学後のロビーにて、住友金属鉱山さまと。

ちなみに、こんな機会は滅多にないので、スタジオ収録も見学してきました。
いっしょに収録に来られていた住友金属鉱山さまと、スタジオのロビーでお話もさせていただきました。

住友金属鉱山さまが資料として持ってきていただいた、純粋なコバルト鉱とコバルトシザー。
私たちもコバルト基合金を扱っていますが、おおもとを辿ればこの素材から、合金が作られ、私たちの手元に材料として入ってきて、シザーに仕上がっていくと考えると、日本のものづくりの真髄を感じます。

この純粋なコバルトは流通しておらず、僕たちのシザーも含めいくつかの元素を混ぜた「合金」として使われます。
なので、貴重な純コバルトを見せていただくのも今回が初めて。
このような機会を作ってくださいましたテレビ局関係者の皆さまに改めて感謝いたします。

なお、放送内容についてはがっちりマンデー公式ホームページにもアーカイブされています!

※2019年4月29日に執筆した記事を再編集して公開しました。

関連記事

キクイシザースがお約束する
5つのこと

TOP
<--!以下、fotterに移動した6ファイル-->