世界の美容トレンド丸わかり!米国展示会で感じたカルチャーショック

2018年1月、米カリフォルニア州ロングビーチで開かれた美容業界の展示会International Salon and Spa Expoに行ってきました。
日本で理美容シザーづくりをしている筆者にとっては初めての海外展示会だったのですが、ただただカルチャーショックを受けた衝撃の体験でした。

会場はロサンゼルス空港(LAX)から車で30分くらい南に走った、Long Beach Convention & Entertainment Center。
歩いて10分くらいのところに水族館Aquarium of the PacificsやショッピングモールThe Pike Outletsがあり、海沿いで景色の開けた気持ちのいい場所です。
今回は仕事でしたが、観桜スポットとしても人気のエリアなので、いつかのんびり遊びに行きたいところです。

初めてアメリカの展示会を覗いたのですが、各ブースとも活気がありイベントとしての盛り上がりがスゴイ!

ズラリとブースが並んで、まるでショーのようにカット講習が開かれていたり、積極的にデモンストレーションがされていたり。
日本のいわゆる展示会というよりも、完全にイベントといった印象でしたが、その中でも海外で販売されているシザーをはじめとした美容商品の数々、日本にいては分からないトレンドや売り方の違いといったことまで肌で感じてきました。

そして、これはかなり衝撃だったのですが、なんと入り口ではカクテルを販売するブースも!!・・・もちろん飲みませんでした、仕事をしに行ったので。笑

世界の美容トレンドを勉強しながら、いかにもショーイベントの盛んなアメリカ!!という雰囲気を味わえました。
普通の観光では物足りない!という美容師の皆さん、アメリカ旅行の際は展示会シーズンに合わせて行ってみると面白いと思います!

※2018年2月2日に執筆した記事を再編集して公開しました。

関連記事

キクイシザースがお約束する
5つのこと

TOP
<--!以下、fotterに移動した6ファイル-->