ゆるみ止めナットの仕様変更についてお知らせ

キクイシザースでは六角のゆるみ止めナットを利用しています。
シンプルな構造でしっかりとゆるみ止め効果を発揮してくれる六角形のナットは、僕たちの「使い心地を追求したものづくり」への思いを象徴するカタチ。

最近では、多くのお客さまにも「この機能性がキクイらしさだよね」と言っていただいています!

このゆるみ止めナット、9月より一部商品(*)について若干の仕様変更を致します。
(*)コバルト製のKikui製品のうち、M4ナットを用いている6.3インチ以上のシザー及びセニング。

こちらが新仕様のネジなのですが…
写真だけでは「どこが変わったの?」と思われるかもしれません。

変わったのはココのゆるみ止めのシステム。
これまでのナイロンリングによるゆるみ止めから、金属バネ板によるゆるみ止めに変更します。
ゆるみ止め機構はこれまで通りナット上部にカシメで埋め込まれているので、 六角形のカタチや部品点数・ゆるみ止め性能は変わりません。
ナットの高さがちょっと低くなり、スマートな見た目になります!
また、従来のネジとの互換性もありますので、対象製品を修理でお預かりした際は新仕様のネジに変更させていただきます。

マイナーチェンジですが、ネジメーカーとの打ち合わせを重ねて、シンプルで合理的なカタチへの変更が実現しました。
対象商品をご注文の際は、ちょっとした変化に気づいていただけると幸いです。

*6.0インチ以下のシザーについても準備が整った製品から新仕様のネジに変更を行う予定です。

関連記事

キクイシザースがお約束する
5つのこと

TOP
<--!以下、fotterに移動した6ファイル-->